高血圧でのぼせと動悸

のぼせと動悸の原因は高血圧だった!?

 

「のぼせと動悸がすることが多くなったけど、これって高血圧が原因なのかなぁ?」

 

高血圧と診断されると、何かの症状が出るたびに「高血圧が原因かなぁ?」と思ってしまいますよね。

 

 

実は、高血圧が原因でのぼせと動悸がすることがあります。

 

 

では、なぜ高血圧が原因でのぼせと動悸が起こるのでしょうか。


高血圧が原因でのぼせと動悸が起こるメカニズム

 

まずは、高血圧が原因でのぼせが起こるメカニズムを解説します。

 

 

私たちの体は、内臓や筋肉で熱が作られ、その熱が血液によって全身に運ばれます。

 

しかし、血液の流れが悪くなると、熱を体の隅々まで運べなくなるので、熱が体内にこもりますね。

 

その熱を体外に放出する必要がありますね。

 

それで、体の余分な熱は足から放出されることが多いです。

 

しかし、足は重力の影響で血液の流れが悪くなりやすいですが、そうなると足に熱を運ぶことができなくなりますので、熱を放出できなくなります。

 

それで、熱は上昇しますよね。

 

例えばお風呂のお湯は、放置すると上の方が熱くなって下のほうが冷たくなりますよね。

 

それは、熱は上昇するので上の方が熱くなるのです。

 

それと同じように、体内の熱も上昇します

 

ですから、頭が熱くなってのぼせてしまうのです。

 

 

あと、高血圧だと自律神経が乱れがちです。

 

自律神経には血液の流れをコントロールしたり体の温度を調節する働きがあります。

 

しかし、自律神経が乱れると、頭に血液が過剰に流れるようにしたり、あるいは熱を過剰に運んだりすることがあります。

 

そうなるとのぼせてしまいます。

 

 

次に高血圧が原因で動悸が起こるメカニズムです。

 

高血圧の根本原因は、血液が流れにくい状態になっていることです。

 

それなのに血液を全身に送ろうとするので、血圧が高くなります。

 

 

それで、血液が流れにくい状態で全身に血液を流そうとすると、心臓が頑張らないといけなくなりますよね。

 

ですから、心臓の動きが早くなるので、動悸がするのです。

 

 

また、自律神経は心臓の動きをコントロールする働きがあります。

 

それで、高血圧で自律神経が乱れると、心臓の動きが不必要に早くなることがあります。

 

そうなると、動悸がします。

高血圧が原因でのぼせや動悸がする時の対処法

 

まず、のぼせと動悸が同時に起こったら、安静になるべきです。

 

できるだけ体を動かさないようにすることで、血液を全身に頑張って流す必要がなくなりますし、内臓や筋肉の動きが穏やかになれば熱が作られなくなりますので、のぼせや動悸が軽くなることが多いです。

 

 

そして、のぼせは頭を冷やすのもいいですが、同時に首の後ろを冷やすといいです。

 

首の後ろを冷やすと、頭に流れる血液の温度を下げることができます。

 

 

また、深呼吸をすると、動悸がおさまることがありますよ。

 

 

そして、動悸とのぼせの原因は高血圧であるなら、高血圧を改善することで動悸とのぼせを改善できます

 

高血圧と診断されると、血圧を下げるために生活習慣を大幅に改善していると思いますが、さらに血圧を下げるために頑張る必要がありますね。

関連ページ

高血圧とは?メカニズムなどをわかりやすく紹介!
高血圧とは何なのか、メカニズムなどを分かりやすく紹介します。血圧が高いのであれば知っておくべき情報です。
高血圧の診断基準〜治療を必要とする数値は?
高血圧の治療を必要とする診断基準の数値を紹介します。
高血圧の種類〜二次性高血圧症と本態性高血圧症の違いは?
高血圧の種類、二次性高血圧症と本態性高血圧症の特徴、治療法を紹介します。
高血圧の合併症とメカニズム〜放置すると取り返しのつかないことに!?
高血圧の合併症とメカニズムを紹介します。
高血圧と診断された時の塩分摂取量
高血圧を改善するには塩分を控えることが非常に大切になります。そこで高血圧と診断された時の塩分摂取量を紹介します。
血圧が上がる日常生活での行動〜思わぬ行動で血圧が上がる!?
血圧が上がる日常生活での行動を紹介します。
隠れ高血圧(仮面高血圧)とは〜診断では正常値でも危険なことも!?
隠れ高血圧(仮面高血圧)について紹介します。
早朝高血圧の発見方法と対処法〜知らない間に重病になる前に!
早朝高血圧の発見方法と対処法を紹介します。
ストレス高血圧(職場高血圧)の発見方法と対処法〜重病になる前に
ストレス高血圧(職場高血圧)の発見方法と対処法を紹介します。
血圧・血行・血管の関係〜3つの密接な関係とは?
血圧・血行・血管は密接な関係があります。詳しく紹介します。
血圧の正しい測り方〜間違えると不要な治療をしてしまうかも?
血圧の正しい測り方を紹介します。血圧の測り方を間違えると必要ない治療をしてしまうかもしれません。正しい対処をするには正しい方法で測定する必要がありますよ。
内臓脂肪型肥満は高血圧の大きな原因
内臓脂肪型肥満は高血圧の大きな原因です。その理由と肥満を解消するポイントを紹介します。
高血圧の症状
高血圧の症状を紹介します。
女性は更年期で血圧が高くなる!?その対策は?
女性は更年期で血圧が高くなります。更年期による高血圧対策を紹介します。
最低血圧が高いと注意が必要!最高血圧が高くなくても対策を!
最高血圧(上)が高くなくても、最低血圧(下)が高いと注意が必要です!詳しく解説します。
頻繁に喉が渇くのは高血圧のサイン!?
頻繁に喉が渇くようなら高血圧のサインかもしれません。そのメカニズムと対処法を紹介します。
顔がほてるのは高血圧が原因!?
顔がほてるのは高血圧が原因なのでしょうか?ほてりを放置するのは問題なのでしょうか?
高血圧でふくらはぎが痛い!?
高血圧でふくらはぎが痛くなることがあります。その原因は動脈硬化であることが多いです。詳しく解説します。
高血圧でも熱中症対策で塩分補給したほうがいい?
高血圧でも熱中症対策で塩分補給したほうがいいのでしょうか?しないほうがいいのでしょうか?
高血圧で動悸がひどくイライラする!?
高血圧で動悸がひどくイライラする原因と対処法を紹介します。
高血圧で寒気と頭痛が同時にする!その原因と対処法
高血圧で寒気と頭痛が同時にする原因と対処法を紹介します。
高血圧でめまいと頭痛がする原因と対処法
高血圧でめまいと頭痛がする原因と対処法を紹介します。すぐに症状を良くすることはできるのでしょうか。
高血圧で肩こりとめまいが同時にする原因と対処法!
高血圧で肩こりとめまいが同時にする原因と対処法を紹介します。
高血圧が原因で下痢と腹痛が続く!?その理由と対処法
高血圧が原因で下痢と腹痛が続く理由と対処法を紹介します。
高血圧でジョギングやランニングをするとめまいがする時の対処法
高血圧でジョギングやランニングをするとめまいがする時の対処法を紹介します。
高血圧が原因で動悸、息切れ、めまい、がする理由と対処法!
高血圧が原因で動悸、息切れ、めまい、がする利理由と対処法を紹介します。
高血圧が原因で嘔吐と寒気が…!?その理由と対処法
高血圧が原因で嘔吐と寒気がすることがあります。その理由と対処法を紹介します。
そばを食べたら血圧が高くなる!?その理由とは?
そばを食べたら血圧が高くなることがあります。その理由と対処法を紹介します。
コーヒーのカフェインが高血圧の原因になる?
コーヒーのカフェインが高血圧の原因になるのでしょうか?詳しく解説します。
睡眠が浅いと高血圧に!?その原因と対処法!
睡眠が浅いと高血圧に!?その原因と対処法を紹介します。
水の飲みすぎは高血圧の原因に!?その驚きの理由とは?
水の飲みすぎは高血圧の原因になることがあります。その理由を詳しく解説します。
高血圧で咳が止まらないのは危険!?その驚きのワケとは?
高血圧で咳が止まらない場合、命に係わる危険な状態である場合があります。その驚きの理由を詳しく解説します。
高血圧が眠気やだるさの原因に!?その理由と対処法!
高血圧が眠気やだるさの原因になることがあります。その理由と対処法を紹介します。
高血圧が鼻血と頭痛の原因に!?鼻血と頭痛が併発したら危険か?
高血圧が原因で鼻血と頭痛がすることがあります。そのメカニズムを詳しく紹介します。鼻血と頭痛が併発したら危険なのでしょうか?
高血圧だと飲酒の翌日に鼻血が止まらなくなる!?その理由とは?
高血圧だと飲酒の翌日に鼻血が止まらなくなることがあります。その理由とは?
高血圧が蕁麻疹の原因に?そのメカニズムと対処法!知らないと損!
高血圧だと蕁麻疹ができやすくなることがありますが、蕁麻疹の原因は高血圧なのでしょうか?詳しく解説します。
高血圧が吐き気の原因に!?その理由と対処法!
高血圧が原因で吐き気がすることがあります。その理由と対処法を詳しく解説します。
降圧剤をやめるタイミング〜薬漬けの毎日から解放されるために!
降圧剤をやめるタイミングについて解説します。