高血圧の合併症

高血圧の合併症とメカニズム〜放置すると取り返しのつかないことに!?

 

高血圧は自覚症状がほとんどありません。

 

しかし、だからといって放置してしまうと合併症を引き起こしてしまいます。

 

命に係わる恐ろしい病気を引き起こす可能性が高くなるのです。

 

 

そこで、ここでは高血圧による合併症と、高血圧が合併症を引き起こすメカニズムについて紹介します。


高血圧による合併症

 

まずは高血圧による合併症を紹介します。

 

ここでは病名だけを記しますが、よく分からないかもしれません。

 

ただ、とりあえずは命に係わる恐ろしい病気が合併症として起こる可能性がある、ということだけでも理解していただければと思います。

 

詳しい説明は下のメカニズムところで紹介します。

 

 

■心臓
狭心症・心筋梗塞症・心房細胞などの不整脈・大動脈弁狭窄症・左室肥大・うっ血性心不全

 

■血管
胸部大動脈瘤・腹部大動脈瘤・腸骨動脈瘤・大動脈解離・閉塞性動脈硬化症

 

■頭頂部
脳梗塞・脳出血・くも膜下出血・頸動脈狭窄

 

■腎臓
慢性腎疾患

 

■眼
眼底網膜病変

高血圧で合併症が起こるメカニズム

 

ここからは、高血圧で合併症が起こるメカニズムをできるだけ分かりやすく紹介します。

 

 

血液は心臓から全身の血管に送り出されますね。

 

それで、血圧が高いということは、心臓から血液を送り出す力が強い、ということです。

 

心臓は筋肉によって血液を送り出すわけですが、送り出す力が強いということは心臓の筋肉に大きな負担がかかる、ということですね。

 

その状態が長く続くと、腕や脚の筋肉と同じように、心臓の筋肉が分厚く大きくなります。

 

 

それで、腕や脚の筋肉が大きくなるといいことが多いんですが、心臓の筋肉は悪いことが起こることが多いです。

 

筋肉が大きくなると硬くなりますが、そうなると収縮しにくくなります。

 

心臓が大きくなることを心肥大といいますが、心肥大になれば治療を必要とします。

 

 

風船を想像していただきたいんですが、風船のゴムが分厚く、そして硬くなると膨らみにくくなる、というのは想像できるのではないでしょうか。

 

そして、風船から空気を押し出す時も、柔らかいほうが押し出しやすく硬くて分厚いほうが押し出しにくい、ということも想像できるのではないでしょうか。

 

それと同じように、心臓の筋肉が分厚くかたくなると、血液を押し出しにくくなります。

 

 

それで、最終的には血液を全く送り出すことができなくなり、心臓が動かなくなってしまいます(心不全)。

 

 

また、心臓から血液を送り出す力が強くなると、血液が流れる勢いが強くなりますね。

 

そうなると、血管の壁に大きな力(圧力)がかかってしまいます。

 

その状態が続くと、血管に大きな負担がかかってしまいます

 

 

それで、蛇口からホースで水を流すところを想像していただきたいのですが、水の勢いが強いとホースへの負担が大きくなりますよね。

 

その状態が続くと、ホースが痛むのが早くなり、ゴムが硬くなったり内側のゴムがボロボロになったり穴が開いたりしますよね。

 

それと同じように、血管の中を勢いよく血液が流れると、血管の壁が傷んでしまい、硬くなったり傷が付いたりします。

 

 

血管が硬くなった状態を動脈硬化といいますね。

 

 

そして、血管はホースと違って、傷がついたらその傷を埋めようとします。

 

血管の傷を埋めるのが血小板です。

 

それで、傷を埋めるために血小板がたくさん集まって固まりますが、その塊が血栓です。

 

それで、傷が大きくなれば大きくなるほど血小板がたくさん必要になりますから、血栓が大きくなりますね。

 

そうなると、血栓が血管をふさいでしまうのでで血液が流れなくなります。

 

ちなみに脳に血栓ができて血液が流れなくなることを脳梗塞、心臓に送る血管に血栓ができて血液が流れなくなることを心筋梗塞といいますね。

 

 

また、血管が硬くなると“こぶ”ができることがあります。

 

ホースが部分的に大きく傷むと、その部分だけ中を流れる水の圧力でその部分だけ膨らむだろう、ということは想像できるのではないでしょうか。

 

血管も同じように、部分的に大きく痛むとその部分が膨らんでこぶができます。

 

血管(大動脈)にできるこぶのことを大動脈瘤といいます。

 

 

大動脈瘤はこぶの状態であれば特に症状はありませんが、破れやすいです。

 

破れてしまって血液が血管の外に流れ出ると激痛が走ります。

 

 

また血管の傷を血栓で固める前に、血液が流れ出ることがあります。

 

それで、血管は3つの層からできていますが、内側の層が破れて血液が流れ出て、内側と真ん中の層の間に入り込み、膨らんでしまうことがあります。

 

その膨らみを解離性大動脈瘤といいますね。

 

また、血管の壁が完全に破れてしまって血管の外に流れ出て周りの組織を圧迫してこぶができることがあります。

 

このこぶのことを仮性大動脈瘤といいますね。

 

解離性大動脈瘤も仮性大動脈瘤も破れやすいのですが、破れたときに激痛が走ります。

 

 

また、脳の血管にこぶができたり膨らんだりすることを、場所などの違いによって小動脈瘤、脳動脈瘤、脳動静脈奇形などといいます。

 

これらが破裂して出血することを脳出血といいますね。

 

 

その他、目の血管の異常で引き起こされる病気を網膜症、腎臓の血管の異常で引き起こされる病気を腎疾患といいますね。

 

 

このように、高血圧によってさまざまな恐ろしい合併症が起こる可能性が高くなります。

 

突然死したり、あるいは助かったとしても後遺症に悩まされることにもなります。

 

そうなる前に、高血圧は早めに改善する必要があるのです。

関連ページ

高血圧とは?メカニズムなどをわかりやすく紹介!
高血圧とは何なのか、メカニズムなどを分かりやすく紹介します。血圧が高いのであれば知っておくべき情報です。
高血圧の診断基準〜治療を必要とする数値は?
高血圧の治療を必要とする診断基準の数値を紹介します。
高血圧の種類〜二次性高血圧症と本態性高血圧症の違いは?
高血圧の種類、二次性高血圧症と本態性高血圧症の特徴、治療法を紹介します。
高血圧と診断された時の塩分摂取量
高血圧を改善するには塩分を控えることが非常に大切になります。そこで高血圧と診断された時の塩分摂取量を紹介します。
血圧が上がる日常生活での行動〜思わぬ行動で血圧が上がる!?
血圧が上がる日常生活での行動を紹介します。
隠れ高血圧(仮面高血圧)とは〜診断では正常値でも危険なことも!?
隠れ高血圧(仮面高血圧)について紹介します。
早朝高血圧の発見方法と対処法〜知らない間に重病になる前に!
早朝高血圧の発見方法と対処法を紹介します。
ストレス高血圧(職場高血圧)の発見方法と対処法〜重病になる前に
ストレス高血圧(職場高血圧)の発見方法と対処法を紹介します。
血圧・血行・血管の関係〜3つの密接な関係とは?
血圧・血行・血管は密接な関係があります。詳しく紹介します。
血圧の正しい測り方〜間違えると不要な治療をしてしまうかも?
血圧の正しい測り方を紹介します。血圧の測り方を間違えると必要ない治療をしてしまうかもしれません。正しい対処をするには正しい方法で測定する必要がありますよ。
内臓脂肪型肥満は高血圧の大きな原因
内臓脂肪型肥満は高血圧の大きな原因です。その理由と肥満を解消するポイントを紹介します。
高血圧の症状
高血圧の症状を紹介します。
女性は更年期で血圧が高くなる!?その対策は?
女性は更年期で血圧が高くなります。更年期による高血圧対策を紹介します。
最低血圧が高いと注意が必要!最高血圧が高くなくても対策を!
最高血圧(上)が高くなくても、最低血圧(下)が高いと注意が必要です!詳しく解説します。
頻繁に喉が渇くのは高血圧のサイン!?
頻繁に喉が渇くようなら高血圧のサインかもしれません。そのメカニズムと対処法を紹介します。
顔がほてるのは高血圧が原因!?
顔がほてるのは高血圧が原因なのでしょうか?ほてりを放置するのは問題なのでしょうか?
高血圧でふくらはぎが痛い!?
高血圧でふくらはぎが痛くなることがあります。その原因は動脈硬化であることが多いです。詳しく解説します。
高血圧でも熱中症対策で塩分補給したほうがいい?
高血圧でも熱中症対策で塩分補給したほうがいいのでしょうか?しないほうがいいのでしょうか?
高血圧で動悸がひどくイライラする!?
高血圧で動悸がひどくイライラする原因と対処法を紹介します。
高血圧で寒気と頭痛が同時にする!その原因と対処法
高血圧で寒気と頭痛が同時にする原因と対処法を紹介します。
高血圧でめまいと頭痛がする原因と対処法
高血圧でめまいと頭痛がする原因と対処法を紹介します。すぐに症状を良くすることはできるのでしょうか。
高血圧で肩こりとめまいが同時にする原因と対処法!
高血圧で肩こりとめまいが同時にする原因と対処法を紹介します。
高血圧が原因で下痢と腹痛が続く!?その理由と対処法
高血圧が原因で下痢と腹痛が続く理由と対処法を紹介します。
高血圧でジョギングやランニングをするとめまいがする時の対処法
高血圧でジョギングやランニングをするとめまいがする時の対処法を紹介します。
高血圧が原因で動悸、息切れ、めまい、がする理由と対処法!
高血圧が原因で動悸、息切れ、めまい、がする利理由と対処法を紹介します。
高血圧が原因で嘔吐と寒気が…!?その理由と対処法
高血圧が原因で嘔吐と寒気がすることがあります。その理由と対処法を紹介します。
高血圧が原因でのぼせと動悸が!?その理由と対処法!
高血圧が原因でのぼせと動悸がすることがあります。その理由と対処法を紹介します。
そばを食べたら血圧が高くなる!?その理由とは?
そばを食べたら血圧が高くなることがあります。その理由と対処法を紹介します。
コーヒーのカフェインが高血圧の原因になる?
コーヒーのカフェインが高血圧の原因になるのでしょうか?詳しく解説します。
睡眠が浅いと高血圧に!?その原因と対処法!
睡眠が浅いと高血圧に!?その原因と対処法を紹介します。
水の飲みすぎは高血圧の原因に!?その驚きの理由とは?
水の飲みすぎは高血圧の原因になることがあります。その理由を詳しく解説します。
高血圧で咳が止まらないのは危険!?その驚きのワケとは?
高血圧で咳が止まらない場合、命に係わる危険な状態である場合があります。その驚きの理由を詳しく解説します。
高血圧が眠気やだるさの原因に!?その理由と対処法!
高血圧が眠気やだるさの原因になることがあります。その理由と対処法を紹介します。
高血圧が鼻血と頭痛の原因に!?鼻血と頭痛が併発したら危険か?
高血圧が原因で鼻血と頭痛がすることがあります。そのメカニズムを詳しく紹介します。鼻血と頭痛が併発したら危険なのでしょうか?
高血圧だと飲酒の翌日に鼻血が止まらなくなる!?その理由とは?
高血圧だと飲酒の翌日に鼻血が止まらなくなることがあります。その理由とは?
高血圧が蕁麻疹の原因に?そのメカニズムと対処法!知らないと損!
高血圧だと蕁麻疹ができやすくなることがありますが、蕁麻疹の原因は高血圧なのでしょうか?詳しく解説します。
高血圧が吐き気の原因に!?その理由と対処法!
高血圧が原因で吐き気がすることがあります。その理由と対処法を詳しく解説します。
降圧剤をやめるタイミング〜薬漬けの毎日から解放されるために!
降圧剤をやめるタイミングについて解説します。