内臓脂肪型肥満は高血圧の原因

内臓脂肪型肥満は高血圧の大きな原因に!?肥満の種類と肥満解消のポイントは?

 

高血圧と診断されると、まず痩せるように言われると思います。

 

高血圧で痩せている場合は、そのように言われないとは思いますが、肥満の場合はまず痩せるように言われると思います。

 

 

それは、肥満は高血圧の大きな原因になるからです。

 

なかでも、内臓脂肪型肥満はさらに血圧を高くする要因になってしまうのです。

 

 

そこで、ここでは内臓脂肪型肥満が高血圧の大きな原因となる理由について紹介します。


肥満の種類とそれぞれの特徴

 

肥満は大きく2つに分けることができます。

 

▼内臓脂肪型肥満…内臓周辺に体脂肪がたくさんついている肥満

 

▼皮下脂肪型肥満…皮下脂肪に体脂肪がたくさんついている肥満

 

ちなみに、内臓はお腹周りにたくさんあります。

 

皮膚は全身にありますが、皮膚の下に付く脂肪を皮下脂肪といいますね。

 

ということは、お腹がぽっこりしていたら内臓脂肪型肥満、体全体的に脂肪がついている肥満を皮下脂肪型肥満だと考えて大丈夫です。

 

 

それで、皮下脂肪型肥満よりも内臓脂肪型肥満のほうが生活習慣病のリスクが高くなる、とされています。

 

そして、内臓脂肪型肥満のほうが高血圧のリスクが高くなる、とされているんです。

内臓脂肪型肥満が高血圧の大きな原因となる理由は?

 

内臓脂肪型肥満だと血圧が高くなる理由は、アディポネクチンというホルモンの成分の分泌が減るからです。

 

 

アディポネクチンには、血液中の中性脂肪値を正常にしたり、動脈硬化を予防したりする働きがあります。

 

それで、アディポネクチンは内臓の脂肪細胞から分泌されるんですが、体脂肪がたくさんついてしまうとアディポネクチンの分泌量が減ってしまうんです。

 

だから、内臓周辺にたくさん脂肪が付く内臓脂肪型肥満は、中性脂肪が増えたり動脈硬化が進んだりするので、血圧が高くなってしまうんです。

内臓脂肪型肥満の基準

内臓脂肪型肥満かどうかの判断基準は以下の通りです。

 

ウエストが男性:85cm以上 女性:90cm以上で、なおかつ下の項目に1つでも当てはまれば内臓脂肪型肥満

 

・中性脂肪が150mg/dl以上
・ HDL(善玉)コレステロール値が40mg/dl以下
・血圧が上が130mmHg以上
・血圧が下が85mmHg以上
・空腹時血糖値が110mg/dl以上

内臓脂肪型肥満を解消するポイント

 

内臓脂肪型肥満を解消するには、栄養バランスの取れた食事を適量(腹八分目)と、適度な運動です。

 

 

ただ、それが分かっていても、なかなかできないですよね。

 

 

でも、そのことは必ず頭には入れておいてください。

 

「○○を食べるだけで痩せる」「○○をするだけで痩せる」なんて、テレビや雑誌などで紹介されることがありますが、それだけで肥満を解消できるわけがないです。

 

適量の食事と適度な運動以外は痩せない、と考えたほうがいいでしょう。

 

 

そのうえで、毎日体重を測るようにしてください。

 

そうするだけで、体重を減らす意識が自然と働くようになり、自然と体重を減らす行動を起こすことがあります。

 

ご飯の量を減らしたり、おやつを食べないようにしたり、エスカレーターを使わず階段を使うようになったり、そういったことを自然とするようになります。

 

体重を測るだけだと、体重の減り方がかなり少ないです。

 

また、人によっては全然体重が減りません。

 

でも、何もしないよりかはしたほうがいいですよ。

 

 

あと、無理はせず、少しずつ食事を減らし、少しずつ運動量を増やすようにするといいでしょう。

 

少しずつなら、あまりツラくはないですよ。

関連ページ

高血圧とは?メカニズムなどをわかりやすく紹介!
高血圧とは何なのか、メカニズムなどを分かりやすく紹介します。血圧が高いのであれば知っておくべき情報です。
高血圧の診断基準〜治療を必要とする数値は?
高血圧の治療を必要とする診断基準の数値を紹介します。
高血圧の種類〜二次性高血圧症と本態性高血圧症の違いは?
高血圧の種類、二次性高血圧症と本態性高血圧症の特徴、治療法を紹介します。
高血圧の合併症とメカニズム〜放置すると取り返しのつかないことに!?
高血圧の合併症とメカニズムを紹介します。
高血圧と診断された時の塩分摂取量
高血圧を改善するには塩分を控えることが非常に大切になります。そこで高血圧と診断された時の塩分摂取量を紹介します。
血圧が上がる日常生活での行動〜思わぬ行動で血圧が上がる!?
血圧が上がる日常生活での行動を紹介します。
隠れ高血圧(仮面高血圧)とは〜診断では正常値でも危険なことも!?
隠れ高血圧(仮面高血圧)について紹介します。
早朝高血圧の発見方法と対処法〜知らない間に重病になる前に!
早朝高血圧の発見方法と対処法を紹介します。
ストレス高血圧(職場高血圧)の発見方法と対処法〜重病になる前に
ストレス高血圧(職場高血圧)の発見方法と対処法を紹介します。
血圧・血行・血管の関係〜3つの密接な関係とは?
血圧・血行・血管は密接な関係があります。詳しく紹介します。
血圧の正しい測り方〜間違えると不要な治療をしてしまうかも?
血圧の正しい測り方を紹介します。血圧の測り方を間違えると必要ない治療をしてしまうかもしれません。正しい対処をするには正しい方法で測定する必要がありますよ。
高血圧の症状
高血圧の症状を紹介します。
女性は更年期で血圧が高くなる!?その対策は?
女性は更年期で血圧が高くなります。更年期による高血圧対策を紹介します。
最低血圧が高いと注意が必要!最高血圧が高くなくても対策を!
最高血圧(上)が高くなくても、最低血圧(下)が高いと注意が必要です!詳しく解説します。
頻繁に喉が渇くのは高血圧のサイン!?
頻繁に喉が渇くようなら高血圧のサインかもしれません。そのメカニズムと対処法を紹介します。
顔がほてるのは高血圧が原因!?
顔がほてるのは高血圧が原因なのでしょうか?ほてりを放置するのは問題なのでしょうか?
高血圧でふくらはぎが痛い!?
高血圧でふくらはぎが痛くなることがあります。その原因は動脈硬化であることが多いです。詳しく解説します。
高血圧でも熱中症対策で塩分補給したほうがいい?
高血圧でも熱中症対策で塩分補給したほうがいいのでしょうか?しないほうがいいのでしょうか?
高血圧で動悸がひどくイライラする!?
高血圧で動悸がひどくイライラする原因と対処法を紹介します。
高血圧で寒気と頭痛が同時にする!その原因と対処法
高血圧で寒気と頭痛が同時にする原因と対処法を紹介します。
高血圧でめまいと頭痛がする原因と対処法
高血圧でめまいと頭痛がする原因と対処法を紹介します。すぐに症状を良くすることはできるのでしょうか。
高血圧で肩こりとめまいが同時にする原因と対処法!
高血圧で肩こりとめまいが同時にする原因と対処法を紹介します。
高血圧が原因で下痢と腹痛が続く!?その理由と対処法
高血圧が原因で下痢と腹痛が続く理由と対処法を紹介します。
高血圧でジョギングやランニングをするとめまいがする時の対処法
高血圧でジョギングやランニングをするとめまいがする時の対処法を紹介します。
高血圧が原因で動悸、息切れ、めまい、がする理由と対処法!
高血圧が原因で動悸、息切れ、めまい、がする利理由と対処法を紹介します。
高血圧が原因で嘔吐と寒気が…!?その理由と対処法
高血圧が原因で嘔吐と寒気がすることがあります。その理由と対処法を紹介します。
高血圧が原因でのぼせと動悸が!?その理由と対処法!
高血圧が原因でのぼせと動悸がすることがあります。その理由と対処法を紹介します。
そばを食べたら血圧が高くなる!?その理由とは?
そばを食べたら血圧が高くなることがあります。その理由と対処法を紹介します。
コーヒーのカフェインが高血圧の原因になる?
コーヒーのカフェインが高血圧の原因になるのでしょうか?詳しく解説します。
睡眠が浅いと高血圧に!?その原因と対処法!
睡眠が浅いと高血圧に!?その原因と対処法を紹介します。
水の飲みすぎは高血圧の原因に!?その驚きの理由とは?
水の飲みすぎは高血圧の原因になることがあります。その理由を詳しく解説します。
高血圧で咳が止まらないのは危険!?その驚きのワケとは?
高血圧で咳が止まらない場合、命に係わる危険な状態である場合があります。その驚きの理由を詳しく解説します。
高血圧が眠気やだるさの原因に!?その理由と対処法!
高血圧が眠気やだるさの原因になることがあります。その理由と対処法を紹介します。
高血圧が鼻血と頭痛の原因に!?鼻血と頭痛が併発したら危険か?
高血圧が原因で鼻血と頭痛がすることがあります。そのメカニズムを詳しく紹介します。鼻血と頭痛が併発したら危険なのでしょうか?
高血圧だと飲酒の翌日に鼻血が止まらなくなる!?その理由とは?
高血圧だと飲酒の翌日に鼻血が止まらなくなることがあります。その理由とは?
高血圧が蕁麻疹の原因に?そのメカニズムと対処法!知らないと損!
高血圧だと蕁麻疹ができやすくなることがありますが、蕁麻疹の原因は高血圧なのでしょうか?詳しく解説します。
高血圧が吐き気の原因に!?その理由と対処法!
高血圧が原因で吐き気がすることがあります。その理由と対処法を詳しく解説します。
降圧剤をやめるタイミング〜薬漬けの毎日から解放されるために!
降圧剤をやめるタイミングについて解説します。