睡眠不足は高血圧の原因

睡眠不足は高血圧の大きな原因に!?

 

睡眠不足は高血圧の大きな原因になります。

 

 

私たちは寝ている時に血圧が下がります。

 

しかし、睡眠が充分でないと血圧が充分に下がりません。

 

すると、朝目覚めたときに血圧が上昇しますが、正常よりも血圧が高くなってしまうんです。

 

そこから日中にかけて血圧はさらに上昇しますが、朝目覚めたときに正常よりも血圧が高ければ、日中も正常よりも高くなってしまいますよね。

 

 

そして、睡眠不足だけではなく、睡眠の質も大切です。

 

眠りが浅いと睡眠中に血圧が充分に下がらないので、日中の血圧が高くなります。

 

また、寝付きが悪かったり、睡眠中に目覚めてしまって眠れなくなったり、睡眠障害があると血圧は高くなります。

 

 

ということは、逆に言えば少々睡眠時間が短くても睡眠の質が良ければ血圧が高くなるのを防ぐことができる、ということになりますね。


睡眠の質を高めて血圧が上昇するのを防ぐには?

 

そこで、ここでは睡眠の質を高めたり、寝付きを良くしたりするポイントを紹介します。

 

そのポイントは以下の通りです。

 

 

▼朝起きたら太陽の光を浴びる
太陽の光を浴びることで体が朝になったことを認識して活発に活動しようとします。

 

▼朝食を食べる
腸を刺激することで体が目覚めます。

 

▼朝起きてから軽く運動をする
軽く体を動かすことで体が目覚めます。
太陽の光を浴びながらウォーキングするといいですよ。

 

▼食事は寝る3時間前までに済ませる
胃腸に食べ物が残っていると睡眠の質が悪くなります。

 

▼寝る1時間前にはスマホやパソコンの画面を見ない
スマホやパソコンの画面から放たれる光は目を覚ます作用があり、寝付きが悪くなり眠りを妨げます。

 

▼お風呂は寝る1時間前までに済ます
お風呂を出た直後は体がほてっていて寝付きが悪くなります。

 

▼寝る前にリラックスする音楽を聴いたり香りを嗅いだりする
寝る前にリラックスすると寝付きが良くなり睡眠の質が高くなります。

 

▼寝る前に深呼吸する
深呼吸すると心身がリラックスするので寝付きが良くなり睡眠の質が高くなります。

 

▼ストレス発散
睡眠の質が悪くなる最大の原因はストレスです。
普段からストレスを発散することを意識することが大切です。

 

たくさんありますが、ストレス発散以外はすべて実践してもそれほど大変でもないと思います。

 

ですから、できるだけのことはしてみるといいですよ。

 

仕事などが忙しくてなかなかできない場合は、できることから実践していくといいでしょう。

 

 

もし、なにをしても寝付きが良くならないとか、睡眠中に目が覚めてしまうとか、という場合は、医師の診断を受けてみてはいかがでしょうか。

 

睡眠障害の専門は睡眠外来か精神科です。

関連ページ

血圧を下げるお風呂の入り方
血圧を下げるお風呂の入り方を紹介します。お風呂の入り方次第では血圧が上がることもあります。ちょっとした工夫で血圧を下げることができますよ!
深呼吸の血圧を下げる効果〜腹式呼吸で血圧が下がる!?
深呼吸の血圧を下げる効果を紹介します。腹式呼吸で血圧が下がります。
冷え性は高血圧の原因に!?冷え性を解消して血圧を下げるには?
冷え性は高血圧の原因です。詳しく紹介します。
寒さで血圧が高くなる!?血圧を下げる寒さ対策とは?
寒さで血圧が高くなります。血圧を下げる寒さ対策を紹介します。
たばこは高血圧の原因に!?やめられない時は?
たばこは高血圧の原因になります。ただそれが分かっていてもなかなかやめられないですよね。やめられない時の対処法を紹介します。
便秘が高血圧の原因に!?
便秘だと血圧が高くなります。詳しく解説します。
歯周病は動脈硬化の原因に!?
歯周病は動脈硬化の原因になります。詳しく解説します。
高血圧患者がサウナで汗をかくのは効果的?それとも危険?
高血圧患者がサウナで汗をかくのは血圧を下げるのに効果的なのでしょうか?それとも危険なのでしょうか?詳しく解説します。
高血圧を改善するのに岩盤浴は効果的?それとも危険?
日常生活でできる血圧を下げる方法を紹介します。
高血圧のための寒さ対策〜寒い日に血圧が上がるのを防ぐためには?
高血圧のための寒さ対策を紹介します。寒い日に血圧が上がるのを防ぐためにはどうしたらいいのでしょうか?
高血圧に水風呂は危険!?その理由とは?
高血圧だと水風呂に入るのは危険です。その理由などを詳しく解説します。