高血圧の熱中症対策で塩分補給

高血圧でも熱中症対策で塩分補給したほうがいい?しないほうがいい?

 

熱中症にならないために塩分を摂ったほうがいい、とよく言われますよね。

 

しかし、高血圧だと塩分を控えるように言われますよね。

 

 

そんなことを言われると、高血圧の場合は熱中症対策で塩分を摂ったほうがいいのか、それとも摂らないほうがいいのか、どちらなのか悩んでしまいませんか?

 

塩分を摂らないと熱中症で倒れるかもしれないし、塩分を摂ったら血圧が上がりそうだし、悩むところですよね。

 

 

そこで、ここでは高血圧で熱中症対策として塩分を摂ったほうがいいのか、摂らないほうがいいのか、詳しく説明します。


熱中症対策で塩分補給が必要な理由

 

まずは、熱中症にならないために、なぜ塩分を摂る必要があるのかを簡単に説明します。

 

 

暑くて汗をかくと、一緒に塩分も排出されます。

 

汗を舐めるとしょっぱいですが、それは塩分も一緒に排出されているということですね。

 

ですから、汗をかくと血液中の塩分濃度は低くなります。

 

 

それで、大量に汗をかいて塩分が大量に排出されて塩分不足になったら、血液中の水分が不足します。

 

塩分には血液中の水分量を保つ働きがありますが、塩分が不足したら水分を保つことができなくなるので水分不足になるのです。

 

そうなったら、脱水症状を起こしてしまいます。

 

どれだけ水分を補給しても水分を保てなくなるので、脱水症状を起こしてしまうわけですね。

 

さらに、水分補給して保てない水分は尿として体外に排出されますが、その時にもともと体に保持されていた水分まで一緒に出てしまいます。

 

そうなると、さらに脱水症状が悪化しますよね。

 

そうなると、血液量が減るので、脳に酸素や栄養が送ることができなり、めまいやふらつきなどを起こすようになります。

 

ちなみに熱中症で倒れるのは、血液中の水分量が減るために血液量が減り、脳に酸素や栄養が届かなくなる事が原因です。

 

 

ここまでをまとめますと、汗を大量にかくと血液中の塩分も大量に排出され、塩分不足になると熱中症になりやすくなるので、塩分補給をすることで熱中症を防ぐことができる、ということになりますね。

高血圧の熱中症対策で塩分補給をすべきか?

 

では、高血圧の場合、熱中症対策で塩分を補給したほうがいいのでしょうか?

 

 

まずは、根本的な理論から説明します。

 

高血圧だからといって、血液中の塩分がゼロになったら生きることができません。

 

ですから、ある程度は塩分が必要です。

 

それで、汗をかくことで血液中の塩分が不足したら補うべきだし、塩分が不足してなければ補う必要がない、ということになりますね。

 

 

ただ、そんなことを言われても、実際にはわからないですよね。

 

自分の血液の塩分量がどれくらいなのか、自覚なんてできませんからね。

 

 

そこで、ある医者の見解を紹介します。

 

私たち日本人は塩分の摂りすぎです。

 

塩分摂取量をゼロにしたつもりでも、1日5gくらいは塩分を摂ってしまっています。

 

塩分の摂取量をゼロにしようと思っても、どう考えても不可能です。

 

それで、よっぽどストイックに塩分を減らしてない限り、高血圧で減塩をしていても塩分を摂りすぎています。

 

高血圧患者は1日の塩分摂取量は6g、健康体の場合は8gまでにすべきとされていますが、たいていの方は、減塩しているつもりでも1日10gは塩分を摂ってしまっています。

 

そういった事を考えると、熱中症対策で塩分補給をする必要はないでしょう。

 

つまり、減塩しているつもりでも塩分を必要以上に摂っているわけだから、汗を大量にかいたからといって塩分不足になることはないだろう、だから塩分補給をする必要はないだろう、ということですね。

 

この見解は、私の主治医が言っていたことです。

 

ですから、あくまで医者の一人の見解であって、絶対に正しいというわけではない、と考えたほうがいいでしょう。

 

 

ただ、私自身の経験ではあるんですが、激しい運動をしない限り塩分補給をしなくてもしっかり水分補給をしていたら熱中症にはなりませんでした。

 

ですから、激しい運動や炎天下での重労働などをしない限り、塩分補給をしなくてもいいのではないか、と思います。

 

 

高血圧の熱中症対策で塩分補給をすべきかどうか、信ぴょう性のある確かな情報を見つけることができなかったので、私見にはなってしまいましたが、参考にしていただければと思います。

関連ページ

高血圧とは?メカニズムなどをわかりやすく紹介!
高血圧とは何なのか、メカニズムなどを分かりやすく紹介します。血圧が高いのであれば知っておくべき情報です。
高血圧の診断基準〜治療を必要とする数値は?
高血圧の治療を必要とする診断基準の数値を紹介します。
高血圧の種類〜二次性高血圧症と本態性高血圧症の違いは?
高血圧の種類、二次性高血圧症と本態性高血圧症の特徴、治療法を紹介します。
高血圧の合併症とメカニズム〜放置すると取り返しのつかないことに!?
高血圧の合併症とメカニズムを紹介します。
高血圧と診断された時の塩分摂取量
高血圧を改善するには塩分を控えることが非常に大切になります。そこで高血圧と診断された時の塩分摂取量を紹介します。
血圧が上がる日常生活での行動〜思わぬ行動で血圧が上がる!?
血圧が上がる日常生活での行動を紹介します。
隠れ高血圧(仮面高血圧)とは〜診断では正常値でも危険なことも!?
隠れ高血圧(仮面高血圧)について紹介します。
早朝高血圧の発見方法と対処法〜知らない間に重病になる前に!
早朝高血圧の発見方法と対処法を紹介します。
ストレス高血圧(職場高血圧)の発見方法と対処法〜重病になる前に
ストレス高血圧(職場高血圧)の発見方法と対処法を紹介します。
血圧・血行・血管の関係〜3つの密接な関係とは?
血圧・血行・血管は密接な関係があります。詳しく紹介します。
血圧の正しい測り方〜間違えると不要な治療をしてしまうかも?
血圧の正しい測り方を紹介します。血圧の測り方を間違えると必要ない治療をしてしまうかもしれません。正しい対処をするには正しい方法で測定する必要がありますよ。
内臓脂肪型肥満は高血圧の大きな原因
内臓脂肪型肥満は高血圧の大きな原因です。その理由と肥満を解消するポイントを紹介します。
高血圧の症状
高血圧の症状を紹介します。
女性は更年期で血圧が高くなる!?その対策は?
女性は更年期で血圧が高くなります。更年期による高血圧対策を紹介します。
最低血圧が高いと注意が必要!最高血圧が高くなくても対策を!
最高血圧(上)が高くなくても、最低血圧(下)が高いと注意が必要です!詳しく解説します。
頻繁に喉が渇くのは高血圧のサイン!?
頻繁に喉が渇くようなら高血圧のサインかもしれません。そのメカニズムと対処法を紹介します。
顔がほてるのは高血圧が原因!?
顔がほてるのは高血圧が原因なのでしょうか?ほてりを放置するのは問題なのでしょうか?
高血圧でふくらはぎが痛い!?
高血圧でふくらはぎが痛くなることがあります。その原因は動脈硬化であることが多いです。詳しく解説します。
高血圧で動悸がひどくイライラする!?
高血圧で動悸がひどくイライラする原因と対処法を紹介します。
高血圧で寒気と頭痛が同時にする!その原因と対処法
高血圧で寒気と頭痛が同時にする原因と対処法を紹介します。
高血圧でめまいと頭痛がする原因と対処法
高血圧でめまいと頭痛がする原因と対処法を紹介します。すぐに症状を良くすることはできるのでしょうか。
高血圧で肩こりとめまいが同時にする原因と対処法!
高血圧で肩こりとめまいが同時にする原因と対処法を紹介します。
高血圧が原因で下痢と腹痛が続く!?その理由と対処法
高血圧が原因で下痢と腹痛が続く理由と対処法を紹介します。
高血圧でジョギングやランニングをするとめまいがする時の対処法
高血圧でジョギングやランニングをするとめまいがする時の対処法を紹介します。
高血圧が原因で動悸、息切れ、めまい、がする理由と対処法!
高血圧が原因で動悸、息切れ、めまい、がする利理由と対処法を紹介します。
高血圧が原因で嘔吐と寒気が…!?その理由と対処法
高血圧が原因で嘔吐と寒気がすることがあります。その理由と対処法を紹介します。
高血圧が原因でのぼせと動悸が!?その理由と対処法!
高血圧が原因でのぼせと動悸がすることがあります。その理由と対処法を紹介します。
そばを食べたら血圧が高くなる!?その理由とは?
そばを食べたら血圧が高くなることがあります。その理由と対処法を紹介します。
コーヒーのカフェインが高血圧の原因になる?
コーヒーのカフェインが高血圧の原因になるのでしょうか?詳しく解説します。
睡眠が浅いと高血圧に!?その原因と対処法!
睡眠が浅いと高血圧に!?その原因と対処法を紹介します。
水の飲みすぎは高血圧の原因に!?その驚きの理由とは?
水の飲みすぎは高血圧の原因になることがあります。その理由を詳しく解説します。
高血圧で咳が止まらないのは危険!?その驚きのワケとは?
高血圧で咳が止まらない場合、命に係わる危険な状態である場合があります。その驚きの理由を詳しく解説します。
高血圧が眠気やだるさの原因に!?その理由と対処法!
高血圧が眠気やだるさの原因になることがあります。その理由と対処法を紹介します。
高血圧が鼻血と頭痛の原因に!?鼻血と頭痛が併発したら危険か?
高血圧が原因で鼻血と頭痛がすることがあります。そのメカニズムを詳しく紹介します。鼻血と頭痛が併発したら危険なのでしょうか?
高血圧だと飲酒の翌日に鼻血が止まらなくなる!?その理由とは?
高血圧だと飲酒の翌日に鼻血が止まらなくなることがあります。その理由とは?
高血圧が蕁麻疹の原因に?そのメカニズムと対処法!知らないと損!
高血圧だと蕁麻疹ができやすくなることがありますが、蕁麻疹の原因は高血圧なのでしょうか?詳しく解説します。
高血圧が吐き気の原因に!?その理由と対処法!
高血圧が原因で吐き気がすることがあります。その理由と対処法を詳しく解説します。
降圧剤をやめるタイミング〜薬漬けの毎日から解放されるために!
降圧剤をやめるタイミングについて解説します。