早朝高血圧の発見方法と対処法

早朝高血圧とは?〜知らない間に取り返しのつかないことになる前に

 

早朝高血圧とは、健康診断などでは血圧は正常値だけど、朝に起きたときに毎日のように血圧が高いことです。

 

健康診断では正常値ですのでなかなか発見できないのですが、毎朝一定の時間は血圧が高くなっているわけですから、高血圧症と診断された人と同じリスクを追っていることになります。

 

 

放置していると、高血圧と同じような合併症になる可能性が高くなります。

 

ですから、早く対処する必要があるのです。

 

 

そこで、ここでは早朝高血圧の発見方法と対処法を紹介します。


早朝高血圧のメカニズム

 

早朝高血圧のメカニズムは、通常のメカニズムと多少違うところがあります。

 

 

まず、朝起きると正常であれば血圧は上がります。

 

朝目覚めると、全身に血液を送るために血管が狭くなります。

 

ホースが細いほうが水が勢いよく流れるのは想像できるのではないでしょうか。

 

同じように、血管が狭くなれば血液の流れが勢い良くなり全身に血液を送りやすくなります。

 

 

ただ、あまりにも血圧が高くなり過ぎたら、今度は血管が元の太さまで広がるように機能します。

 

ですから、健康であれば正常の範囲内しか血圧は上がりません。

 

 

しかし、血管が広がる働きが正常に機能しないと、早朝に血圧が異常値まで上がってしまいます。

 

 

血管を狭くする働きは、起きてから数時間で機能しなくなります。

 

ですから、日中は血圧は正常になります。

 

だから、健康診断の時には正常値になるんです。

 

 

しかし、朝起きたときに血圧が高ければ、血管や心臓に負担がかかっているわけですから、高血圧と診断された人と同じ合併症のリスクを追っていることになります。

早朝高血圧の発見方法

 

早朝高血圧になりやすい人は、血圧が高くなった時に血管を広げる機能が弱くなっている人です。

 

そうなりやすくなるのは、

 

・喫煙
・アルコールの飲みすぎ
・肥満
・高血糖
・高齢
・血圧の上と下の値の差が大きい(65以上の差がある時は注意)
・上が140mmHg以上

 

などのうち1つ、あるいは複数当てはまる人です。

 

 

これらのうち、1つでも当てはまることがあれば早朝高血圧の可能性がありますので、早朝高血圧かどうか測定したほうがいいでしょう。

 

 

早朝高血圧の測定方法

 

早朝高血圧かどうかを測定するには、夜寝る前と朝起きた後それぞれ30分以内に血圧を測定します。

 

家庭用の血圧測定器などを使います。

 

それで、寝る前と朝起きてからの血圧の差が20mmHg以上、あるいは2つの平均値が135mmHg以上だと、早朝高血圧になります。

早朝高血圧の対処法

 

早朝高血圧の大きな原因は上で紹介した通り、

 

・喫煙
・アルコールの摂りすぎ
・肥満

 

などです。

 

 

これらのことは通常の高血圧の原因にもなります。

 

ですから、まずはこれらのことを改善し、なおかつ生活習慣を見直すことで早朝高血圧は改善されていきますよ。

 

 

このサイトでは、血圧を下げるために日常生活でできることを紹介しています。

 

是非参考にしていただいて、できることから実践することをおススメします。

 

 

参考ページ:
血圧を下げる方法 食事編
血圧を下げる方法 運動編
血圧を下げる方法 日常生活編

関連ページ

高血圧とは?メカニズムなどをわかりやすく紹介!
高血圧とは何なのか、メカニズムなどを分かりやすく紹介します。血圧が高いのであれば知っておくべき情報です。
高血圧の診断基準〜治療を必要とする数値は?
高血圧の治療を必要とする診断基準の数値を紹介します。
高血圧の種類〜二次性高血圧症と本態性高血圧症の違いは?
高血圧の種類、二次性高血圧症と本態性高血圧症の特徴、治療法を紹介します。
高血圧の合併症とメカニズム〜放置すると取り返しのつかないことに!?
高血圧の合併症とメカニズムを紹介します。
高血圧と診断された時の塩分摂取量
高血圧を改善するには塩分を控えることが非常に大切になります。そこで高血圧と診断された時の塩分摂取量を紹介します。
血圧が上がる日常生活での行動〜思わぬ行動で血圧が上がる!?
血圧が上がる日常生活での行動を紹介します。
隠れ高血圧(仮面高血圧)とは〜診断では正常値でも危険なことも!?
隠れ高血圧(仮面高血圧)について紹介します。
ストレス高血圧(職場高血圧)の発見方法と対処法〜重病になる前に
ストレス高血圧(職場高血圧)の発見方法と対処法を紹介します。
血圧・血行・血管の関係〜3つの密接な関係とは?
血圧・血行・血管は密接な関係があります。詳しく紹介します。
血圧の正しい測り方〜間違えると不要な治療をしてしまうかも?
血圧の正しい測り方を紹介します。血圧の測り方を間違えると必要ない治療をしてしまうかもしれません。正しい対処をするには正しい方法で測定する必要がありますよ。
内臓脂肪型肥満は高血圧の大きな原因
内臓脂肪型肥満は高血圧の大きな原因です。その理由と肥満を解消するポイントを紹介します。
高血圧の症状
高血圧の症状を紹介します。
女性は更年期で血圧が高くなる!?その対策は?
女性は更年期で血圧が高くなります。更年期による高血圧対策を紹介します。
最低血圧が高いと注意が必要!最高血圧が高くなくても対策を!
最高血圧(上)が高くなくても、最低血圧(下)が高いと注意が必要です!詳しく解説します。
頻繁に喉が渇くのは高血圧のサイン!?
頻繁に喉が渇くようなら高血圧のサインかもしれません。そのメカニズムと対処法を紹介します。
顔がほてるのは高血圧が原因!?
顔がほてるのは高血圧が原因なのでしょうか?ほてりを放置するのは問題なのでしょうか?
高血圧でふくらはぎが痛い!?
高血圧でふくらはぎが痛くなることがあります。その原因は動脈硬化であることが多いです。詳しく解説します。
高血圧でも熱中症対策で塩分補給したほうがいい?
高血圧でも熱中症対策で塩分補給したほうがいいのでしょうか?しないほうがいいのでしょうか?
高血圧で動悸がひどくイライラする!?
高血圧で動悸がひどくイライラする原因と対処法を紹介します。
高血圧で寒気と頭痛が同時にする!その原因と対処法
高血圧で寒気と頭痛が同時にする原因と対処法を紹介します。
高血圧でめまいと頭痛がする原因と対処法
高血圧でめまいと頭痛がする原因と対処法を紹介します。すぐに症状を良くすることはできるのでしょうか。
高血圧で肩こりとめまいが同時にする原因と対処法!
高血圧で肩こりとめまいが同時にする原因と対処法を紹介します。
高血圧が原因で下痢と腹痛が続く!?その理由と対処法
高血圧が原因で下痢と腹痛が続く理由と対処法を紹介します。
高血圧でジョギングやランニングをするとめまいがする時の対処法
高血圧でジョギングやランニングをするとめまいがする時の対処法を紹介します。
高血圧が原因で動悸、息切れ、めまい、がする理由と対処法!
高血圧が原因で動悸、息切れ、めまい、がする利理由と対処法を紹介します。
高血圧が原因で嘔吐と寒気が…!?その理由と対処法
高血圧が原因で嘔吐と寒気がすることがあります。その理由と対処法を紹介します。
高血圧が原因でのぼせと動悸が!?その理由と対処法!
高血圧が原因でのぼせと動悸がすることがあります。その理由と対処法を紹介します。
そばを食べたら血圧が高くなる!?その理由とは?
そばを食べたら血圧が高くなることがあります。その理由と対処法を紹介します。
コーヒーのカフェインが高血圧の原因になる?
コーヒーのカフェインが高血圧の原因になるのでしょうか?詳しく解説します。
睡眠が浅いと高血圧に!?その原因と対処法!
睡眠が浅いと高血圧に!?その原因と対処法を紹介します。
水の飲みすぎは高血圧の原因に!?その驚きの理由とは?
水の飲みすぎは高血圧の原因になることがあります。その理由を詳しく解説します。
高血圧で咳が止まらないのは危険!?その驚きのワケとは?
高血圧で咳が止まらない場合、命に係わる危険な状態である場合があります。その驚きの理由を詳しく解説します。
高血圧が眠気やだるさの原因に!?その理由と対処法!
高血圧が眠気やだるさの原因になることがあります。その理由と対処法を紹介します。
高血圧が鼻血と頭痛の原因に!?鼻血と頭痛が併発したら危険か?
高血圧が原因で鼻血と頭痛がすることがあります。そのメカニズムを詳しく紹介します。鼻血と頭痛が併発したら危険なのでしょうか?
高血圧だと飲酒の翌日に鼻血が止まらなくなる!?その理由とは?
高血圧だと飲酒の翌日に鼻血が止まらなくなることがあります。その理由とは?
高血圧が蕁麻疹の原因に?そのメカニズムと対処法!知らないと損!
高血圧だと蕁麻疹ができやすくなることがありますが、蕁麻疹の原因は高血圧なのでしょうか?詳しく解説します。
高血圧が吐き気の原因に!?その理由と対処法!
高血圧が原因で吐き気がすることがあります。その理由と対処法を詳しく解説します。
降圧剤をやめるタイミング〜薬漬けの毎日から解放されるために!
降圧剤をやめるタイミングについて解説します。